ホーム >よくあるご質問

FAQよくあるご質問

■ Luxrous(美容液)

成分は肌※1に入っていきますか?
濃厚なテクスチャーのため、始めは肌の上に残る感じがしますが、時間差で成分が浸透※1していきます。
肌の状態やご使用感の違いはありますが、約3分くらいで肌への浸透1を 感じていただけると思います。
最終的には肌表面にとどまって保湿する成分のみが残り、肌をしっかりバリアします。
もっと保湿力がほしいのですが?
もしかすると使用量が少ないのかもしれません。全ての化粧品に言えることですが、量を適量ご使用いただかないと残念ながら効果は半減してしまいます。
乾燥が気になるところには2度塗りしていただくのもおすすめです。又、効果的なご使用方法を是非お試しになってください。
ベタベタした感じがするのですが?
ラグラスはセラミドをはじめ、23種類の保湿系成分が高濃度配合されております。
乾燥から肌を守るためには、肌の内側※1に保湿成分を届けると共に、肌の外側にとどまってバリアをつくることがどうしても不可欠です。肌の状態が安定している時は量を調節してお使いいただきながら日々予防することで、よりよい状態をキープできると思います。
オイリー肌なのですが、使えますか?
ご自身ではオイリー肌と感じていても、実は「インナードライ」である場合もあります。
水分が不足すると、それを補おうと過剰に皮脂が出てしまいます。保湿を強化することで余分な皮脂の分泌が抑えられ、肌状態がおちつく例も多いようです。
まずは気になるところに部分使いするなど、量を調節してお試しください。
ただし、ふきでもの、ニキビ等、トラブルのある場合はご使用を控え
皮膚科専門医にご相談されることをおすすめいたします。
目のまわりに使っても大丈夫ですか?
目のまわりにもご使用いただけます。
ただし、目の中に入らないようご注意ください。
ラグラスを使ったスペシャルケアはありますか?
ラグラスを「ナイトパック」としてお使いいただくのもおすすめです。
夜のスキンケアの最後に、再度ラグラスをたっぷりつけてお休みください。
一晩中パックしているのと同じ効果を感じることができます。
配合している油分で油やけなどしないですか?
油やけをおこす原因となる油は一切使用しておりません。
又、天然香料として使用しているダマスクローズ花油とローマカミツレ花油に光毒性※2はなく、
日中も安心してご使用いただけます。
成分表をみるとセラミドに番号がついていますが、セラミドにも種類があるのですか?
人の角質層に存在するセラミドはおよそ7〜9種類以上あるといわれています。
ラグラスでは、その中でもお肌の保護に効果的な「4種類の活性型セラミド」と「天然のオリザセラミド(米ヌカ由来)」を配合し、その相乗効果でセラミドのパワーをより実感していただけるよう開発いたしました。
セラミド1 水分保持 バリア機能が最も高い セラミド2 水分保持 皮膚の保水力が最も高い セラミド3 水分保持 肌の保護・ハリを保つ セラミド6供/緤保持 肌を滑らかにする
フェノキシエタノールはエタノール(アルコール)とは違うのですか?
名称にエタノールと入っていますが、お酒や消毒液のようないわゆる「アルコール」とは異なるものです。
(お酒・消毒液などのアルコールが化粧品に配合される場合は「エタノール」と表示されます。)
フェノキシエタノールは自然界に存在する天然の成分(緑茶など)でもあり、デリケートな成分を防腐する働きを担っています。
動物実験を行っていますか?
ラグラス、ラグラスファイシリーズ全商品は、
原料・研究開発・製造過程の全てにおいて動物実験を一切行っておりません。
NO ANIMAL TESTING ラグラス オリジナル ロゴマーク

■ Luxrous セルローション(化粧液)

もっと保湿力がほしいのですが?
もしかすると使用量が少ないのかもしれません。全ての化粧品に言えることですが、量を適量ご使用いただかないと残念ながら効果は半減してしまいます。
乾燥が気になるところには2度塗りしていただくのもおすすめです。又、効果的なご使用方法を是非お試しになってください。
オイリー肌なのですが、使えますか?
ご自身ではオイリー肌と感じていても、実は「インナードライ」である場合もあります。
水分が不足すると、それを補おうと過剰に皮脂が出てしまいます。保湿を強化することで余分な皮脂の分泌が抑えられ、肌状態がおちつく例も多いようです。
まずは気になるところに部分使いするなど、量を調節してお試しください。
ただし、ふきでもの、ニキビ等、トラブルのある場合はご使用を控え
皮膚科専門医にご相談されることをおすすめいたします。
目のまわりに使っても大丈夫ですか?
目のまわりにもご使用いただけます。
ただし、目の中に入らないようご注意ください。
配合している油分で油やけなどしないですか?
油やけをおこす原因となる油は一切使用しておりません。
又、天然香料として使用しているダマスクローズ花油とローマカミツレ花油に光毒性※2はなく、
日中も安心してご使用いただけます。
成分表をみるとセラミドに番号がついていますが、セラミドにも種類があるのですか?
人の角質層に存在するセラミドはおよそ7〜9種類以上あるといわれています。
ラグラス セルローションでは、その中でもお肌の保護に効果的な「5種類の活性型セラミド」を配合し、その相乗効果でセラミドのパワーをより実感していただけるよう開発いたしました。
セラミド1 水分保持 バリア機能が最も高い セラミド2 水分保持 皮膚の保水力が最も高い セラミド3 水分保持 肌の保護・ハリを保つ セラミド6供/緤保持 肌を滑らかにする
フェノキシエタノールはエタノール(アルコール)とは違うのですか?
名称にエタノールと入っていますが、お酒や消毒液のようないわゆる「アルコール」とは異なるものです。
(お酒・消毒液などのアルコールが化粧品に配合される場合は「エタノール」と表示されます。)
フェノキシエタノールは自然界に存在する天然の成分(緑茶など)でもあり、デリケートな成分を防腐する働きを担っています。
動物実験を行っていますか?
ラグラス、ラグラスファイシリーズ全商品は、
原料・研究開発・製造過程の全てにおいて動物実験を一切行っておりません。
NO ANIMAL TESTING ラグラス オリジナル ロゴマークNO ANIMAL TESTING LUXROUS

■ Luxrousφ LIP CONCENTRATE(LIP用美容液)

口紅の下地として使用できますか?
ご使用いただけます。
日中の様々なトラブルから唇を守り、うるおいとツヤを長時間保ちます。
口紅の上から使用できますか?
ご使用いただけます。
ただし、リップメイクの上から直接ご使用いただくと、ローラーボールの隙間から口紅が入り込む可能性があるため、リップブラシ・綿棒などに適量をとってご使用ください。
メントールは含まれていますか?
メントールは配合しておりません。
低刺激、無添加設計でデリケートで敏感な唇を保護します。
金属アレルギーなのですが?
ローラーヘッド部分に医療用ステンレスを使用しています。
金属アレルギーの方はご使用前に皮膚科専門医にご相談してください。
ローラー部分とチューブの間に隙間があるのですが?
気密性を高くするため、ローラー部分とチューブの結合部分に約1mm隙間をあけています。
ご使用後はローラー部分の汚れをふき取り、しっかり最後までキャップを締め保管してください。
唇以外への使用はできますか?
唇、唇のまわり以外へのご使用はおやめください。
上唇の上への使用はできますか?
ご使用をおすすめしています。唇の上に縦に走る放射状のシワへの集中トリートメントが可能です。
配合している油分で油やけなどしないですか?
油やけをおこす原因となる油は一切使用しておりません。
又、天然香料として使用しているダマスクローズ花油とローマカミツレ花油に光毒性※2はなく、
日中も安心してご使用いただけます。
成分表をみるとセラミドに番号がついていますが、セラミドにも種類があるのですか?
人の角質層に存在するセラミドはおよそ7〜9種類以上あるといわれています。
ラグラスファイ リップコンセントレイトでは、その中でもお肌の保護に効果的な「4種類の活性型セラミド」を配合し、その相乗効果でセラミドのパワーをより実感していただけるよう開発いたしました。
セラミド1 水分保持 バリア機能が最も高い セラミド2 水分保持 皮膚の保水力が最も高い セラミド3 水分保持 肌の保護・ハリを保つ セラミド6供/緤保持 肌を滑らかにする
フェノキシエタノールはエタノール(アルコール)とは違うのですか?
名称にエタノールと入っていますが、お酒や消毒液のようないわゆる「アルコール」とは異なるものです。
(お酒・消毒液などのアルコールが化粧品に配合される場合は「エタノール」と表示されます。)
フェノキシエタノールは自然界に存在する天然の成分(緑茶など)でもあり、デリケートな成分を防腐する働きを担っています。
動物実験を行っていますか?
ラグラス、ラグラスファイシリーズ全商品は、
原料・研究開発・製造過程の全てにおいて動物実験を一切行っておりません。
NO ANIMAL TESTING ラグラス オリジナル ロゴマークNO ANIMAL TESTING LUXROUS

効果的なご使用方法
■ ラグラス セルローション(化粧液)
 朝・夜 洗顔のあと、3〜4プッシュを両手のひらにとり、顔全体、首もと、デコルテにやさしくなじませてください。
■ ラグラス(美容液)
 朝・夜 化粧水のあと、2〜3プッシュを両手のひらにとり軽くこすり合わせ、顔全体にやさしくなじませるようにのばします。
 さらに両手で顔を包み込むようにやさしくプレスし、深呼吸します。
 手の温度でより成分が浸透※1しやすくなり効果的です。 手に残った場合は首もとやひじ等にも是非お使いください。
■ ラグラスファイ リップ コンセントレイト(リップ用美容液)
 チューブを軽く押しながら、ローラー部分を直接唇にあて、適量をやさしくマッサージするようにのばしてください。
 唇の乾燥が気になる時や口紅の下地として1日数回ご使用ください。
 また、唇周りのリンクルケアとしてもご使用いただけます。
朝→ラグラスセルローション→ラグラス→乳液・クリーム→UVプロテクター 夜→ラグラスセルローション→ラグラス→乳液・クリーム →リップコンセントレイト

※1角質層まで ※2光毒性(ひかりどくせい)とは、特定の精油を肌につけ、紫外線にあたると肌にダメージをもたらす作用のこと。